アミーキティア管弦楽団は、関西一円の若手音楽家により結成された市民オーケストラ団体です。

アミーキティア管弦楽団

アミーキティア管弦楽団

楽団のコンセプトConcept

楽団のコンセプト

アミーキティア管弦楽団は、「ひびく」、「つたえる」、「つながる」の3つのコンセプトを軸として、音楽を通してあらゆる人たちをつないでいけるよう、つねに色々なことにチャレンジしていくオーケストラを目指します。

  • ひびく

    アミオケは、お客様に必ず何か持ち帰ってもらいたい!と思っています。 それは感動かもしれませんし、知識かもしれません。 何か少しでもお客様の心に「ひびく」演奏をいたします。 私たちは、コンサートとは、ただ自分たちだけがやりたい曲をやる場所ではなく、お客様と一緒に音楽をする場所だと考えています。

  • つたえる

    アミオケは、企画を前面に押し出します。 コンセプト、またはメッセージ性で統一されたプログラム作りを心がけることで、演奏会を組み立てるとき、なぜその曲を選ぶのか、なぜその仕掛けをするのか、そして、お客様に何を伝えたいのか、を真剣に考えます。 それは、私たちが音楽の持つ「つたえる」力を大切にしているからです。

  • つながる

    アミオケは、「忙しくても、離れていても、また戻ってこれる場所」として立ち上がり、なによりも奏者やお客様とのつながりを大切にしています。 演奏会だけでなく、ミニコンサート、初見大会など様々なイベントを企画する中で、みんなが「つながる」場所づくりをしています。