アミーキティア管弦楽団は、関西一円の若手音楽家により結成された市民オーケストラ団体です。

アミーキティア管弦楽団

アミーキティア管弦楽団

アミーキティア管弦楽団事務局 規約

第一章 総則

第一条(名称)

本団体は「アミーキティア管弦楽団事務局」と称し、英文では“Orchestra Amicitia:Secretariat”(オルケストラ アミーキティア:セクレタリアト)と称する。

第二条(事業所所在地)

本団体は事業所を、大阪府箕面市桜四丁目三-二-一〇二に置く。

第二条の2(団体の位置づけ)

本団体は、一般社団法人ローンチ・パートナーズの非収益事業としてアミーキティア管弦楽団の演奏会開催が確定した際に、その運営事務局として一般社団法人ローンチ・パートナーズの管理下で設置されるものとする。

第三条(目的)

本団体は、音楽を愛する仲間たちが、忙しくても、離れていても、いつでもまた同じ音楽のもとに集まれる場を作り、演奏を通して互いの絆を深め合うことを目的とする。

2 前項の思いを分かち合う団員は、演奏を聴きに来てくださるお客様にたいして、心行くまで楽しんで頂くことに全力を尽くすことで、地域の芸術・文化振興に貢献する。

第四条(事業)

本団体は次の各号に掲げる事業を行う。
一、クラシック音楽を中心としたオーケストラ演奏会の開催、運営
二、アンサンブルコンサートなど小規模コンサートの開催、運営
三、初見大会など団内の親睦を図る事業の開催、運営
四、その他本団体の趣旨に即すと認められる事業の開催、運営

第二章 奏者

第五条(奏者の定義)

本団体運営事業における奏者とは、第四条に掲げる事業のいずれかを開催する際に、奏者として、公式もしくは非公式に集められた者のことを指す。

2 前項の奏者は、その資格の期限を事業の終了までとする。 事業期間途中の資格解除については個別の規則に定め、奏者及び奏者候補に周知するものとする。

第六条(奏者の条件)

第五条における奏者として募集の対象となる者は、本規約の内容に同意する者のうち、原則として三年以上の楽器経験を有する者もしくは二年以上のオーケストラ経験を有する者とする。

2 具体的な募集方法については個別の規則に定める。

第七条(エキストラの定義)

本団体運営事業におけるエキストラとは、第四条に掲げる事業のいずれかを開催する際に、第五条及び第六条に掲げる奏者でもって必要数に満たない場合に、臨時で集められた者のことを指す。

第八条(エキストラの条件)

第七条におけるエキストラとして募集の対象となる者は、原則として第六条に定める条件を援用する。

2 具体的な募集方法については個別の規則に定める。

第九条(金銭負担)

本団体の役員並びに奏者は、第四条に掲げる事業のいずれかを開催する上で必要な経費について、適切な方法で案分された額を負担するものとする。ただしエキストラはこの限りでない。

2 経費の算出方法及び金員回収方法については個別の規則に定める。

第十条(免責)

本団体が運営する一切の事業の中で、役員もしくは奏者、エキストラが故意または過失により第三者に損害を与えた場合、その責任は行為者に帰属し、本団体としては一切の責任を負わないものとする。

第三章 役員等

第十一条(役員の定義)

本団体における役員とは、一般社団法人ローンチ・パートナーズより任命された本団体の実質的かつ継続的な構成員であり、第四条に掲げる事業の開催、運営についての主導的な役割を担う者のことを指す。 なお役員のうち最低三名は一般社団法人ローンチ・パートナーズの社員であるものとする。

第十二条(組織の構成)

本団体は、次の各号に掲げる部署を設ける。 また各部署には部長及び部員をそれぞれ置き業務に当たるものとし、部長は原則本団体の役員であることを必要とする。
一、事務局長(代表と同義であり、第二号以下部署の指揮統括、会計部長を兼務する)
二、会計部
三、渉外部
四、フロア統括部
五、削除
六、広報部
七、初見大会チーム

2 また、任意の時期に企画される事業の運営のために必要と認められる場合、前項の各号に掲げる部署以外の部署を有期で特設することは、これを妨げられない。

第十二条の2(代表の権限)

本団体の代表は、役職名を事務局長とし、次の各号に掲げる権限を有する。 なお、代表が役員会において提案しかつ出席者の過半数が認めた場合、代表は任意の権限を有期で他の役員に委任することができる。
一、臨時総会、役員会の進行及び意思決定
二、未公開の事業内容についての対外的発表
三、本団体にかんする公式見解の発表
四、本団体の運営にかんする重要事項についての最終的な意思決定
五、その他代表の裁量にゆだねるのが相当と認められる事項

第十二条の2(任期)

本団体の役員の任期は事業期間開始から終了までとする。

第四章 総会

第十三条(役員総会)

削除

第十三条の2(臨時総会)

臨時総会は、本団体の役員のいずれかが必要と認める時期、もしくは第四条に掲げるいずれかの事業の事業期間内で、同事業にかかる奏者の過半数が必要と認める時期に招集され、代表を議長として開催される。

2 臨時総会の運営については個別の規則に定める。

第五章 役員会

第十四条(役員会)

役員会は、次の各号に掲げる議題を話し合う為、本団体の役員のいずれかが必要と認める時期に招集され、代表を議長として開催される。
一、会計報告
二、事業計画
三、選曲ならびに会場選定
四、奏者の処遇
五、役員の追加
六、その他必要と認められる事項

2 役員会の運営については個別の規則に定める。

第六章 会計

第十四条の2(会計の種類)

削除

第十四条の3(会計の対象)

削除

第十五条(会計期間)

会計期間は、第四条に掲げるいずれかの事業にかかる資金の移動が開始した日から、終了した日までを指し、事業ごとに峻別して計算される。

第十六条(決算及び会計監査)

事業にかかる決算は、会計監査による監査を受けなければならず、決算の結果は原則として役員及び奏者に報告しなければならない。

2 決算確定後の収支は、一般社団法人ローンチ・パートナーズの事業収支として反映させる。

3 会計及び監査の方法については個別の規則に定める。

第十七条(任期)

削除

第十八条(委任)

削除

第七章 改正

第十九条(規約の改正)

本規約は、役員会において全役員の四分の三以上の承認により改正される。

第八章 附則

第十九条の2(委任)

この規約に定めることのほかに必要と認められる事項について、役員会の四分の三以上の承認を得て代表が別に定めることができる。

第二十条(役員の名簿)

削除(組織変更により役員が常任でなくなったため、名簿は事業ごとに作成)

第二十条の2(追加で就任する役員の名簿)

削除(同上)

第二十一条(適用)

本規則は平成二十七年二月三日より適用される。
平成二十七年 二月  五日 改正
平成二十七年 五月 十八日 改正
平成二十七年 九月 十三日 改正
平成二十七年 十月二十六日 改正
平成二十八年 二月 十八日 改正
平成二十八年 七月  六日 改正
以上、前身組織アミーキティア管弦楽団規約
平成二十八年 十月三十一日 改正
平成二十八年十二月  五日 改正