アミーキティア管弦楽団は、関西一円の若手音楽家により結成された市民オーケストラ団体です。

アミーキティア管弦楽団

アミーキティア管弦楽団

活動報告Report

第1回演奏会レポート

2016/11/09 / 記事:別府真衣

2016年9月11日(日)、おかげさまでアミーキティア管弦楽団は第1回演奏会を無事に開催することができました! 655名ものお客様をメイシアターにお迎えし、音楽通してお会いできたことをとても嬉しく思っています。

今回演奏したのは、いずれもチャイコフスキー作曲の、バレエ組曲「くるみ割り人形」と交響曲第5番の2曲。 くるみ割り人形は当団独自の試みとして、小さなお子様にもお楽しみ頂けるよう、オリジナル絵本と、声優によるナレーションというしかけをご用意しました。 オリジナル絵本の製作は、イラストレーターの阿部めぐみ先生にお願いし、可愛さとシックさを兼ね備え、大人も子どもも楽しめるステキな仕上がりとなりました。 本番はさらに声優キャストの方々の熱のこもったセリフできっとお客様にも、くるみ割り人形の情景を思い浮かべながらお楽しみ頂けたのではないでしょうか。

くるみ割り人形のオリジナル絵本 「くるみ割り人形」のオリジナル絵本

後半の交響曲第5番は、特にオケが好きな人の中では有名どころの1曲。 練習では限られた時間の中で大曲を作り上げることに苦労しましたが、本番は管楽器のソロも美しく決まり、今までで一番いい演奏をお届けできたと思います。

チャイコフスキー交響曲第5番 チャイコフスキー交響曲第5番

私たち役員がこの演奏会の企画を本格的に始めたのが昨年の6月頃。 この演奏会を開催するにあたり、初見大会から始めて、沢山の人に協力してもらいました。 忙しい中演奏や運営に参加してくれた友達、先輩、後輩、そして聞きに来てくれた人たち…落ち着いてから思い返すと本当に色んな想いや感謝が込み上げてきて、胸がいっぱいになりました。 また、このオケのコンセプトである「忙しくても、離れていても、また戻ってこれる場所」をまさに個人的には体現できた実感があって、新しい仲間はもちろん、また会いたかった仲間との再会ができて感動でした!

また、私自身が子どもと関わる仕事をしていて、小さな子どもたちにもクラシックを、いろんな楽器の音を経験してほしい、そして「小さな子どもがいるから…」となかなか演奏会に足を運べないお父様、お母様にもぜひ気軽に来てほしい、という思いでこのプログラムを実現させました。 アンケートの中で実際に「未就学児歓迎だから」という理由でお越し頂いた方もいらっしゃり、お楽しみ頂けていたようでとても嬉しかったです。 今後も、多くの方にお楽しみ頂ける演奏会づくりができるよう、工夫をしていきたいと思いました。

初めての演奏会ということで、至らない点も多々あったかと思います。 皆さまからお寄せ頂いたアンケートなどからのご意見を真摯に受け止め、これからもアミオケは新たな音楽と出会いを発信していきます!

最後に、第1回演奏会に関わって頂いたすべての皆さまにこの場をお借りして感謝申し上げます。 本当にありがとうございました!

ありがとうございました ありがとうございました!

記事一覧へ戻る